訪問看護師及び訪問介護員について

訪問看護とは

訪問看護師(ほうもんかんごし)とは看護師や保健師また、訪問介護員が患者自宅や老人ホームなどへ訪問する在宅医療の一つです。

 

訪問看護師は看護師や保健婦・訪問看護員が患者宅や老人ホームなどで看護を必要としている人を訪れて健康状態を観察したり、日常生活での手助け、例えば入浴介助やトイレの介助また、栄養の管理・指導、リハビリの指導、ターミナルケアなどをすることが主な訪問看護の仕事です。またこれらの医療が安全に行われるよう、患者や家族への指導や説明をしたり、患家にある医療機器、医材、薬剤の管理を行うこともできる。
特記すべき病院と在宅における看護の違いとしては、

訪問看護師,訪問介護員

訪問時にトラブルが発生しても医師などの相談できる人が近くにがいないこと

 

訪問看護

訪問時間が限定されること

 

介護員

看護職員、介護職員などの人的資源(マンパワー)の絶対数が少ないこと

 

介護医療

治療機器、薬剤や看護用品といった物的資源が限られていること

 

などが特徴としてあげられる。
訪問看護師には医学の総合的な知識、主治医、ケアマネージャーなどの他職種との調整能力、患者家族とのコミュニケーション能力、入浴介助やリハビリテーションなどの看護技術と転倒や風邪予防などの病気予防や生活改善の指導力、緊急時の現場での判断力などより高い専門性が求められる。

 

訪問看護師の仕事

看護師の仕事は、重労働上に人の命を預かる大変な仕事である上に、夜勤などもあり労働環境が苛酷なものです。
また、病院の経営方針などにより患者さんも長く入院できないなど、看護師としての仕事のあり方に疑問を抱く方も多いようです。

 

そこで看護師求人サイトなどで訪問看護の仕事を探している看護師さんも多いようです。
一人ひとりの患者さんと向き合えるからです。

 

しかし、実際には一日に5人6人の患者さんの介護を任され、
一人当たりの介護の時間も1時間余りと思うように仕事ができないことが多いようです。

 

また、患者さんの自宅や老人ホームを回るわけですから、移動時間も相当かかるようで、
やはり、看護師さんにとって過酷な仕事と言えるかも知れません。

 

訪問看護師の求人

もし、貴方が神奈川県で訪問看護師をお探しなら、こちらの看護師求人サイトがおススメです!
⇒看護師求人・神奈川

訪問看護員の仕事

訪問介護員になるためにはホームヘルパーの2級以上の資格を取得しなければなりませんが、
訪問介護員のに仕事とはいわゆるホームヘルパーと呼ばれるお仕事で、高齢者や身体障害者など、在宅でお一人で暮らすには不自由がある方たちをサポートするため、またご家族の介護負担を軽減させるために家庭を訪問し、食事の支度、部屋の掃除から、排泄や入浴、食事の介護、床ずれを防ぐための体位交換などをする仕事になります。

 

また、訪問看護員2級を取得するためには厚生労働省が認定した講習事業者の講習を修了し「講習修了者」と認定されなければなりませんが、
2級の講習内容は、講義58時間、実技講習42時間、施設での介護実習など、施設や訪問介護事業所での実習が30時間の計130時間なので、看護師の資格を習得すると思えば、比較的習得しやすい資格といえるかもしれません。